楽心堂本舗

楽心堂本舗では、
砂糖と米粉で作る「落雁」を、
神様や仏様、ご先祖様に感謝を込めてお供えする
お供物(お華束)として、お作りしています。

「落雁が消えてしまうかもしれない」
お世話になっているご住職の一言から、
私ども楽心堂本舗の歴史は始まりました。

落雁とは、仏様にお供えするお供物(お華束)のひとつです。
地域によっては法要の後、本堂に飾られた落雁をいただいて持ち帰り、
仏様のご加護に感謝しながら家族で食べるという習慣もありました。

法要に欠かすことのできない落雁は、手仕事の文化でもあります。
職人や後継者不足、核家族化、手間の多い作業工程など
消えてしまう理由を考えるより先に、気づけば落雁の勉強を始めていました。

手探りの状態から、幸運にも京都の老舗で勉強の機会をいただき
落雁の美しさ、手仕事の素晴らしさに魅了されるとともに
文化を継承することの意味を考えてまいりました。

現在は、地元の寺院を中心に落雁をお納めしておりますが
参拝された方から多くのお問い合わせを頂戴し
ご家庭用にもお求めいただけるようになりました。

すべてのお客様に安心してお飾りいただけるよう
材料はすべて国産食材を用いております。
試行錯誤の末にたどりついた色合いも、二百色を超えました。

ご縁をいただいた落雁への思いと感謝を忘れることなく
山々の色の移ろいや雲の動き、刻々と表情を変える空など
落雁という作品を通じて、美しい四季の風をお届けできれば幸いです。

楽心堂本舗 大井哲子

楽心堂本舗が店を構える田川郡は、
日本の原風景が残る自然豊かな地域です。

心堂本舗のお供物(お華束)が、
どのような環境のもとで育まれ
職人の手によっていかにつくりだされていくのか、
その様子を短編映像でご紹介します。

何気ない日々の暮らしの中にある
日本の美・技・心を感じていただければ幸いです。

お電話でのお問い合わせ

0947-22-7288(9:00〜18:00/土日祝休)