楽心堂本舗

おしらせ

月別アーカイブ: 2014年10月

qBizさんに取り上げられました!

スクリーンショット 2014-10-21 13.26.53

楽心堂では、お供物を落雁でせっせとお作りしておりますが、
実は、サムライ・アンド・カンパニー株式会社という事業の一環でやっております。

その会社の代表取締役、つまり楽心堂の代表が
西日本新聞の電子版「qBiz」さんに取り上げていただいております。

内容としては、代表の大井忠賢が福岡の神社「鳥飼八幡宮」さんを
コンサルティングさせていただいていることについて書かれています。

楽心堂そのものも神仏に関わるお仕事をしておりますゆえ、
やっぱり弊社は、「神仏と御縁をいただいているのだなぁ」と感じます。

詳細は是非とも、記事をご覧くださいませ。

http://qbiz.jp/article/47514/1/%E5%A4%A7%E4%BA%95%20%E5%BF%A0%E8%B3%A2/

鳥飼八幡宮さんは、神社改革に乗り出し
若者が集まるようなイベントなどを積極的に行っているようです。

楽心堂のみんなでも、一度、おじゃましてみたいと思っております。
もう終わりましたが、肉フェスという魅力的なイベントも先日行われていたようです!

肉、、、、いいですよね!大好きです!
お肉のお陰で、げんきに今日もモリモリ働けそうです。

2014年10月21日

西日本新聞さん 掲載記事のご案内

IMG_3581

こんにちは。
秋もすっかり深まり、朝夕は寒くなってまいりました。

みなさまはいかがお過ごしでございますか。
さて、先日ご紹介致しました「西日本新聞さん」のお陰で楽心堂もますます忙しくなっております。

本当に感謝でございます!ありがとうございます!
興味のある方は、是非ともご覧いただければ幸いです。

記事の内容
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/120013

それでは、今日も落雁と真摯に向き合いながら
日々是精進、こつこつと創りだしてまいります。

2014年10月21日

西日本新聞さん取材

DSC_6382ml

DSC_6357

金木犀の香りを感じる今日このごろ。
西日本新聞社の記者 諏訪部さんが楽心堂取材に来られました。

芸術系の大学出身という記者さん、ものづくりをされる方の視点で、
取材をしていただいたのは、とても新鮮なことです。

楽心堂の従業員に溶け込むような雰囲気のある方で、
取材をされているという感覚を忘れてしまうほどでした。

楽心堂の始まりのこと、商品が創りだされるまでのこと、
伝統工芸を福岡県の福智町から発信、
若い世代が伝統を継承することなど、お話致しました。

この様子は、明日10月12日(日)の予定だそうです!
大ニュースがなければ、変更はないそうですで、是非ご覧ください。

さて、浄土真宗のお寺様では、
「報恩講」という法要に向けて準備をされているようで、
お供物の注文も徐々増えてまいりました。
ものづくりの現場では、日々、職人が一生懸命に製作中です。

お昼には、工房長の哲子さんが作った枝豆ごはんとかぼちゃの煮付けを
全員でほおばりながら、秋を感じた本日。
芸術の秋、心を込めて美しいものづくりに励んでおります。

西日本新聞 掲載日:2014年10月12日(日)

2014年10月11日

おたよりトップページへ

お電話でのお問い合わせ

0947-22-7288(9:00〜18:00/土日祝休)